最高のさくらんぼを作るには

剪定から土壌づくり

さくらんぼ農家の人たちは寒い冬の間は1月ぐらいがゆっくりできるときですが、2月ごろから剪定が始まります。この作業がとても大事なもので、枝一本一本が日光にあたるように、また沢山実が付かないように無駄な枝を落とし、形を整えていきます。寒い時期の大変な作業です。

3月下旬ごろになるとつぼみがぷっくりとふくれてきます。この時期に余計なつぼみを落とす作業を芽かきといい、一本一本丁寧にすることによって大粒のあまーいさくらんぼになる、とても大事な作業です。またこの時期には霜が降りる寒い日があるのでその時は夜通し火を焚き暖をとり霜の被害を防ぎます。

次に土壌づくりに入りますが、昨年収穫した直後に弱っている木々にここで土に養分をたっぷり与えておきます。有機肥料など自然に近い栄養のある肥料を与えます。

そして雪解け後の時期にさらに養分を加えて、いきいき元気木に育てます。目には見えないここがポイントです。それぞれの農家の長年の経験から独自のやり方でいい畑作りをしています。

開花から収穫

開花時期にはマメコバチやミツバチによる受粉や手作業による受粉をします。これがうまくいかないと実が付きません。

6月上旬ごろに実が赤く色づきだします。ちょうど梅雨時にあたるために実割れを防ぐための目的でパイプハウスを設置して屋根の部分だけビニールを張ります。また防鳥ネットを四方に張りめぐらせ、鳥から実を守ります。近年、サルの被害が発生しており、それを防ぐために電気線を張って警戒をしています。この時期は天候と気温に敏感になりながら、収穫できるまで気を配ります。

こうして手間暇をかけて大事に大事に育てたさくらんぼなのです。


加温ハウスさくらんぼについて

初夏の味覚を一足早くお届けしたいと、当店では加温ハウス栽培によるさくらんぼ「佐藤錦」も取扱っております。4月下旬からの発送となりますので、母の日の贈りものに最適です。

さくらんぼ用のビニールハウスで12月ごろから人工的に温度を上げて育てていきます。雪の多い山形では暖房するのには大変なコストがかかってきますが、一足早く喜んでいただけるよう努力して頑張っています。3月上旬には満開の花が咲き乱れます。まだ寒いこの時期に花見の宴ができるちょっとした休息のときです。4月の下旬ごろから出荷できるようになり母の日用としてのピークを迎えます。加温栽培の利点は栽培を調整できることが一番です。甘味も十分にあり(6月の最盛期のような味には足りませんが)この時期のさくらんぼとしては大変美味しく食べられます。


商品が異なる場合は別々の発送になりますのでご了承下さい。その際、送料は商品毎となります。(お手数ですが、商品毎にご注文ください)

お問い合わせ先
有限会社 佐藤錦
〒999-3706 山形県東根市三日町2-1-24
TEL(無料) 0120-310-255
FAX(無料) 0120-310-416

E-mail info@satonishiki.com
このページのトップへ